矯正歯科や審美歯科のホワイトニングが自分を磨く方法になる

コンテンツ

健康管理に必須

矯正歯科の施術については、健康管理に必須の施術でもあるということを知っておきたいところです。歯並び一つで体のバランスが変わる部分もあるため、長い目で見れば大きな投資になるといえます。

詳細を読む

悩み改善の負担軽減法

審美歯科を利用する中で、保険適用を受けられない自費診療を求められるケースはよく有ります。その中で知っておきたいことの一例として、医療費控除によって負担を軽減できる可能性があるということに着目する必要があります。

詳細を読む

保険適用の判断基準

矯正歯科で受けられる治療の内容に関しては、保険適用がなされるものとそうでないものがあります。歯列矯正を行うなかでも治療と認められるケースがあると知れば、検討するためのハードルも下がるはずです。

詳細を読む

必要性が起こるケース

どのようなケースで歯の矯正が必要なのか。

最近の歯の傾向は、特に永久歯はアゴのサイズと比べて全体的に大きくなっています。親知らずをカウントしないで、奥歯まで全て生えた状態でアゴの可動部分のギリギリまでになってしまうことも増えてきています。全ての永久歯が平均的な角度や位置で生えていればよいのですが、ずれていたりかみ合わせに影響したりする位置に生えてしまった場合は対応が必要です。まず歯科医で口内の状態を全体的に診てもらい、そのままの状態で充分生活に支障が無いかどうかを判断してもらいます。かみ合わせに良くない影響を出す可能性があったり、虫歯のリスクが高い状態と判断されたりした時には歯の矯正を考える必要が出てきます。行きつけの歯科医から矯正歯科がある医療機関を紹介してもらって来院する方法が一般的です。開業医で矯正を専門とする矯正歯科医院を紹介してもらうなど、歯科や口腔外科の中に矯正歯科を織り込んでいるクリニックや病院を紹介してもらって来院する方法もあります。自分の自宅や会社に近い所で、どの医療機関に矯正歯科があるのかを教えてもらって紹介してもらいましょう。

矯正歯科に限らず他院を紹介してもらう時は。

矯正歯科に限らず他院を紹介してもらう時には、これまでの診察と治療の経過のレントゲン画像など詳細資料と発行してもらった紹介状をもって来院します。これまでの状況をもう1回、詳しく問診をして口内を検査したうえでどの矯正方法が良いのかを決定します。1回の矯正で全体をきれいにしてしまう事もあれば、最も影響を与える歯の周辺から矯正をはじめて経過を見つつ全体を見る方法もあります。治療期間と金額もどの治療方法を行うかによって月単位で内容が変わります。歯の矯正を行う人で多いのは、生えてきた歯が生活や外見に影響を与える可能性がある人です。最近は抜歯後に歯並びが変わってしまい、生活に影響が出始めたのでまず相談をしてからという人も増えています。親知らずがからむ永久歯の抜歯や、重症化した虫歯で抜糸以外に方法が無かった場合で暫くしてから身体に影響が出てきたというケースもあります。特にかみ合わせは身体全体の健康に深くかかわるので、矯正前の検査をしっかりと行います。口内から始まる健康を取り戻す為に、納得ゆくまで検査と質問をして身体に負担がかかりすぎないだけの余裕をもって治療にあたりましょう。

必要な料金を知る

ホワイトニングは今となっては万人に歯を綺麗にすることができる治療として提供されています。もちろんお金がかかることは避けきれないため、その料金を把握してからどこのクリニックを利用するのかを検討することが大切です。

詳細を読む

オススメリンク

↑ PAGE TOP