矯正歯科や審美歯科のホワイトニングが自分を磨く方法になる

保険適用の判断基準

矯正歯科治療のうち健康保険が適用されるもの

 矯正歯科治療は健康保険がきかないのが普通ですが、一部の重篤な症状については国民健康保険が適用されます。まず口蓋裂、口唇裂のような先天的な形成異常によって歯の成長に支障が出ている場合は、保険診療による治療が可能となります。またかみ合わせ不全のレベルがあまりにひどく、手術が必要な場合も保険が適用されます。例えば受け口、開咬などがこれにあたります。  矯正歯科で保険が適用される基準は、咀嚼機能に深刻な支障が出ているかどうかです。機能に問題は無く単に見栄えが悪いという場合は、「自己責任で治療してね」ということになりますが、明らかに日常生活に支障を来している場合は「病気」、または「障害」と見なされ、保険適用の対象となるのです。

矯正歯科治療を受けるメリット(見栄え以外)

 矯正歯科医療の保険適用基準は「咀嚼機能に支障が出ているか」ですが、実のところ、かなり深刻な支障が出ていないと保険は適用されません。保険適用の対象にならない程度の咬合異常でも、生活の質が低下することはよくあります。まず歯並びが悪い状態でものを咬むとあごに負担がかかり、顎関節症になることがあります。口をスムーズに開けることができなかったり、咬んだときにあごの周りが痛かったりするのは、歯並びの悪さが原因かもしれません。  また歯並びががたがただと、発音障害が出ることがあります。これは歯の隙間から空気が抜けてしまうからです。発音障害は人によっては、歯並びそれ自体よりコンプレックスの原因になることがあります。矯正歯科治療というと見栄えだけの医療と思われがちですが、実は全般的な生活の質を改善する治療なのです。

↑ PAGE TOP